made with LIBERTY.

リバティ・ファブリックス
歴史のご紹介
プリント柄の
ご紹介
MADE WITH LIBERTY FABRIC
商品一覧

リバティ・ファブリックス歴史のご紹介

アーサー・ラセンビィ・リバティ

リバティの創業者である「アーサー・ラセンビィ・リバティ」は、1875年、3人の専任スタッフと野心を持ってリージェント・ストリートに東洋美術工芸品を紹介する小さい店を開きました。

世界中から集められた美術品や布地、オブジェなどの製品は、日本や東洋に憧れていた当時の人々に評判となり、リバティはインテリアデザインやドレスなどに変化をもたらします。

店はたちまち評判となり、1924年にはグレート・マールボロ・ストリートに壮大な店舗を構えました。

店舗
スタジオ

創業当時の発見と冒険の精神を引継ぎ、デザインやデコラティブアートの最先端を常に走ってきた「リバティ・ファブリックス」。
リバティを象徴するロンドンのチューダー様式の建物の隣にリバティのデザインスタジオはあります。
リバティのフラッグシップ・ストアと木製の橋で繋がった唯一の自社スタジオでは、十数人のアーティストが、毎年何百もの新しいプリントデザインを生み出すためにコンセプトを練り、デザインをしています。

プリント柄のご紹介

MADE WITH LIBERTY FABRIC

並び替え
8件中 1-8件表示
並び替え
8件中 1-8件表示